整骨院・接骨院・鍼灸院を「探せる」「見つかる」お近くの整骨院・接骨院・鍼灸院検索ならリグー

「こころ・カラダ・けんこう」をテーマに著名人や専門ライターの厳選記事を毎日配信!

TOP > 美容 > 部位によって洗い方は変わる!部位によって違う「洗い方の強さ」

部位によって洗い方は変わる!部位によって違う「洗い方の強さ」

2016-05-13

お風呂で肌を洗うとき、力を入れて洗ってしまうという人も多いのではないでしょうか。特に「ちゃんと汚れを取りたい」と考えている人にとっては力が入ってしまいます。
しかし肌というのは、私たちが思うよりも、その厚さは薄いものです。部位によっては、「強くこすって、きれいにしよう」と思うことが逆にダメージになることも……。ここでは、部位ごとによって違う、「洗う強さ」について考えていきましょう。

■顔は敏感な部分!洗う際は慎重に
もっとも気を付けて洗いたいのは、「顔」です。顔は非常に皮膚が薄く、強くこすってしまうと、それが「ダメージ」として響いてしまいます。肌に蓄積されたダメージはさまざまな形で露出してきます。乾燥の原因などにもなるため、優しく洗うことが大切です。

また、洗顔料によって洗い方は違ってきます。泡立てるタイプのものならば、手のひら、もしくは泡立て用のネットを使って、十分に泡立てるようにしましょう。もちろん、泡立て用のネットをそのまま肌につけるのではなく、泡をすくいとって使います。「指で肌を洗う」のではなく、「泡で顔を包み込む」というようなイメージで洗いましょう。泡立てないタイプのものも、手のひらでよくなじませ、マッサージするように洗っていきます。洗い流すときは、洗顔料の成分が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

■手足は多少力を込めてもOK
反対に、肌が強いところ、たとえばかかとなどの場合はある程度力を入れて洗っても大丈夫です。ただし、冬の時期は乾燥しやすいので、保湿剤なども適宜使うようにしましょう。かかとのかさつきにはピーリングジェルが有効ですが、使い方にはそれぞれ特徴がありますから、必ず使用方法を守るようにします。

■加齢とともに肌は水分が少なくなる
力をこめて肌を洗いすぎると、肌は乾燥しやすくなってしまいます。また、洗浄力の強いものを使っていても同様の問題が起こります。
むしろ10代や20代前半のときには、たくさんでてくる「脂」に悩まされた、という人も多いでしょう。しかし年を重ねていくと、体や肌は乾燥しやすくなりますので、若い頃と同じような洗い方をしていると、トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

これらの問題を解消するためには、「洗顔料を正しく選ぶこと」と「洗うときの強さを加減すること」が重要です。洗い方を見直すと同時に、洗顔料も選び直しましょう。

おすすめ記事

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする

整骨院・接骨院について

「柔道整復師」ってどこからついた名前なの?

整骨院や接骨院を開業できる資格に、なぜ"柔道"という言葉がつく...

よい整骨院・接骨院の選び方

整骨院に通った経験がない方、通ってはいるけれど本当に効果があ...

ケガをしたら整骨院、整形外科、どこに行ったらいいの?

整骨院(接骨院)と整形外科の大きな違いは、医師の資格を持って...

整骨院・接骨院・整体院・整形外科は何が違うの?

■「整骨院」と「接骨院」の違い「整骨院」「接骨院」は名称が違...

整骨院の保険適用と料金について

整骨院では、"柔道整復師"というと国家資格を持っている施術者が...

交通事故の後遺症で多いむち打ち症の特徴と整骨院での治療法

「事故にあった直後は平気だったのに、日にちが経ってから徐々に...

あなたの健康をサポートオールインワンの
無料アプリ

今すぐアプリをダウンロード!
Download on the App Store GET IT ON Google Plya

整骨院・鍼灸院の検索

腰・肩・首の痛み、スポーツ障害など、

気になる症状でお悩みの方は、

お近くの整骨院・鍼灸院をお探し下さい。

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする