整骨院・接骨院・鍼灸院を「探せる」「見つかる」お近くの整骨院・接骨院・鍼灸院検索ならリグー

「こころ・カラダ・けんこう」をテーマに著名人や専門ライターの厳選記事を毎日配信!

TOP > カラダの悩み > 寝起きの腰痛は、ストレッチと睡眠環境を変えることで改善できる

寝起きの腰痛は、ストレッチと睡眠環境を変えることで改善できる

2016-07-19


腰痛持ちだけど、朝が一番ひどい……。日中は痛まないのに、寝起きだけはつらい……。寝起きの腰痛で悩んでいる人は意外と多くいます。なぜ、寝起きだけ腰痛が起こるのでしょうか?

■寝起きだけ腰痛が起きる原因
寝起きに腰痛が起きるのは、「腰の筋肉が硬くなってしまっている」からです。特に仰向けで寝る人は、「大腰筋(だいようきん)」と「大腿直筋(だいたいちょっきん)」の硬直が原因となっています。

大腰筋は、背骨から始まり、骨盤の前を通って、太ももの骨の内側にくっついています。ここが硬直すると骨盤が前傾してしまい、布団の上で腰を反った状態になってしまいます。

大腿直筋は、太もも前面にあり、骨盤と、膝をつなぐ筋肉です。ここも硬直すると骨盤が前傾してしまい、仰向けで寝ると、腰が浮いてしまう姿勢になります。

つまりこの2つの筋肉が硬い人は、寝ている間、腰に負担をかけてしまっているのです。

■筋肉が硬くなる理由
人間の身体には、寝ている間でも筋肉が硬くならないような機能が備わっています。それが「寝返り」です。寝ている間でも筋肉を動かして硬くなりにくくするだけでなく、1日の身体の歪みを修正したり、筋肉の疲労物質を流すような役割もあります。

しかし、大人になるにつれ、寝返りを打たなくなります。筋肉は、普段から動かしていると柔軟性が保たれますが、動かさないと硬くなっていきます。運動不足の人は、どんどん筋肉が硬くなっている状態です。

さらに、疲れも筋肉を硬くさせてしまいます。身体に疲れがたまると身体の代謝が落ちて血行が悪くなり、老廃物が流れにくくなります。老廃物がたまると、筋肉に必要な酸素や栄養素が届かず硬くなってしまうのです。

■寝る前にストレッチを!
筋肉がこわばった状態のまま布団にはいってしまうと、痛くて眠れなかったり、朝起きたときに腰がガチガチで激痛に襲われる、なんてことになってしまいます。そうならないためにも、睡眠前にストレッチを行い、筋肉をほぐしてあげましょう。血行がよく、筋肉が伸びやすくなっている風呂上りに行うのがオススメです。

■睡眠環境を整えよう
腰が痛いからと、柔らかい布団で寝る人がいますが、あまりオススメできません。なぜなら柔らかい布団は、身体が布団に沈み込んでしまい寝返りが打ちにくくなるからです。さらには、筋肉が固まっているので血液循環も悪く、寝ているときに、うまく疲労物質が排除されないのです。そのため寝具は、ある程度硬さのあるものを選びましょう。

また、睡眠はその日にたまった疲れを癒やす時間です。質のいい睡眠をとるためにも、寝る際は部屋を真っ暗にしましょう。

寝起きの腰痛は、筋肉の硬直が原因です。そして筋肉の硬直の原因は、毎日少しずつ蓄積された疲労です。身体が悲鳴を上げる前に、ストレッチを行ったり、睡眠環境を整えたりして、身体をリフレッシュさせてあげましょう。

おすすめ記事

記事を探す

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする

整骨院・接骨院について

「柔道整復師」ってどこからついた名前なの?

整骨院や接骨院を開業できる資格に、なぜ"柔道"という言葉がつく...

ケガをしたら整骨院、整形外科、どこに行ったらいいの?

整骨院(接骨院)と整形外科の大きな違いは、医師の資格を持って...

整骨院・接骨院・整体院・整形外科は何が違うの?

■「整骨院」と「接骨院」の違い「整骨院」「接骨院」は名称が違...

整骨院の保険適用と料金について

整骨院では、"柔道整復師"というと国家資格を持っている施術者が...

交通事故の後遺症で多いむち打ち症の特徴と整骨院での治療法

「事故にあった直後は平気だったのに、日にちが経ってから徐々に...

頑固な痛みの原因を探し改善するトリガーポイント治療

長引く膝や腰などの痛み。「病院に行っても治らない」と悩んでい...

あなたの健康をサポートオールインワンの
無料アプリ

今すぐアプリをダウンロード!
Download on the App Store GET IT ON Google Plya

整骨院・鍼灸院の検索

腰・肩・首の痛み、スポーツ障害など、

気になる症状でお悩みの方は、

お近くの整骨院・鍼灸院をお探し下さい。

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする