整骨院・接骨院・鍼灸院を「探せる」「見つかる」お近くの整骨院・接骨院・鍼灸院検索ならリグー

「こころ・カラダ・けんこう」をテーマに著名人や専門ライターの厳選記事を毎日配信!

TOP > カラダの悩み > 「水を抜くと癖になる」は間違い!関節水腫の原因と治療法

「水を抜くと癖になる」は間違い!関節水腫の原因と治療法

2017-02-18


「膝に水がたまる」ということを聞いたことはありませんか? この「水」というのは、膝の関節液のこと。関節液は、関節軟骨を滑らかに動かす働きや、栄養を運ぶ大切な役割を果たしています。それがなぜたまってしまうのか……。その原因を知りましょう。

■関節液がたまる原因
関節内には、「関節液」という液体があり、関節をスムーズに動かす潤滑油のような働きをしています。これは、「滑膜(かつまく)」で作られます。しかし、なんらかの原因で膝に過度の負荷がかかったとき、滑膜が炎症を起こし、関節液が多量に分泌され、膝関節の中にたまることがあります。これを「関節水腫(かんせつすいしゅ)」、いわゆる「膝に水がたまる」状態です。
滑膜の炎症は、加齢による骨の衰え、けがや事故による外傷・骨折のほか、「変形性膝関節症」や「関節リウマチ」「痛風」などの病気の影響により、膝の骨や軟骨がすり減って出たカスやかけらが関節包を刺激することで起こります。
また、長時間の立ち仕事や、普段から膝の曲げ伸ばしが多い仕事や運動をしている人も、膝へ過度の負荷がかかってしまい、炎症につながりやすいです。

■関節水腫のチェック方法
以下の症状が出ている場合は、関節水腫を発症している可能性があります。
・膝に腫れや痛みがある
・膝周りがだるい感じがする
・膝を押すとぷよぷよとふくらみを感じる
・膝に何か入っているような異物感がある
・膝の曲げ伸ばしが窮屈

■関節水腫の治療法
関節水腫の治療は、大きく分けて2つあります。
関節内の水を抜く」「水がたまる原因を取り除く」です。

水を抜くには、膝に注射針を刺して関節液を抜く「関節穿刺(かんせつせんし)」行います。また、水抜きは一時的に炎症を抑えて症状の悪化を防ぐための処置です。 水を抜いてからの数日は、膝への負担を減らすため、2~3日は安静に過ごす必要があります。

そして、再び水がたまるのを防ぐためには、水抜き後、炎症を抑える必要あります。「薬物療法」「温熱療法」「手術療法」などがありますが、炎症を発生する理由は人によってさまざまなので、自分に適した治療を行ってください。

また、「水を抜くと癖になる」と言われますが、それは違います!
膝の水を放置すればするほど、症状の悪化を引き起こすだけなので、抜いてしまうのが一番なのです。原因となる炎症を抑えなければ、再び水はたまるため、このような話が出てきたのでしょう。
関節水腫は、水を抜き、炎症を抑えることで治すことができます。膝に膨らみがあったり、痛みや違和感を覚えたら、迷わず整形外科へ行きましょう。

おすすめ記事

記事を探す

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする

整骨院・接骨院について

「柔道整復師」ってどこからついた名前なの?

整骨院や接骨院を開業できる資格に、なぜ"柔道"という言葉がつく...

ケガをしたら整骨院、整形外科、どこに行ったらいいの?

整骨院(接骨院)と整形外科の大きな違いは、医師の資格を持って...

整骨院・接骨院・整体院・整形外科は何が違うの?

■「整骨院」と「接骨院」の違い「整骨院」「接骨院」は名称が違...

整骨院の保険適用と料金について

整骨院では、"柔道整復師"というと国家資格を持っている施術者が...

交通事故の後遺症で多いむち打ち症の特徴と整骨院での治療法

「事故にあった直後は平気だったのに、日にちが経ってから徐々に...

頑固な痛みの原因を探し改善するトリガーポイント治療

長引く膝や腰などの痛み。「病院に行っても治らない」と悩んでい...

あなたの健康をサポートオールインワンの
無料アプリ

今すぐアプリをダウンロード!
Download on the App Store GET IT ON Google Plya

整骨院・鍼灸院の検索

腰・肩・首の痛み、スポーツ障害など、

気になる症状でお悩みの方は、

お近くの整骨院・鍼灸院をお探し下さい。

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする