整骨院・接骨院・鍼灸院を「探せる」「見つかる」お近くの整骨院・接骨院・鍼灸院検索ならリグー

「こころ・カラダ・けんこう」をテーマに著名人や専門ライターの厳選記事を毎日配信!

TOP > カラダの悩み > 春に多い?「関節痛」の原因と対策

春に多い?「関節痛」の原因と対策

2017-04-06


執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ
春がくると、わくわくした気持ちに包まれる方もいると思いますが、一方で関節の痛みなどの不安がある人もいるようです。
暖かくなると出てくる関節痛
どうしてそのようなことになるのでしょうか。
今回はその原因と対策について、解説していきます。

■関節痛の原因

春の声をきくと、暖かいイメージですが、寒暖差が激しく、それが体に自律神経の乱れなどがあり、それらも影響しています。

また春は、環境の変化がある時季、不安や悩みがストレスになり、痛みとして出やすいのです。

春に関節痛が起こるのは、次のことが関係している可能性があります。

・気温湿度の変化

春は、気温は低く、湿度が高い時期になります。
湿度が上がると、痛みの原因となる「ヒスタミン」の濃度が上昇して関節痛が起こります。


・花粉症

春は花粉症のシーズンですが、花粉症とともに関節痛を起こす人が多くいます。
花粉症にかかると、身体は、花粉という異物を排除しようとして、多くのエネルギーを使うことになります。
身体はかなり消耗し、免疫力を低下させてしまいます。
そのため、普段から弱っている関節などに痛みでてきます。


・ストレス

花粉症や寒暖差以外にも、転勤、転職、引っ越しなど、環境の変化もある春は、ストレスがかかることが多くなります。
身体は、ストレスを受けると緊張し、自律神経のひとつである交感神経が優位となり、筋肉が硬くなります。
すると、筋肉が血管を圧迫し、血行が悪くなります。
血行が悪くなるとさらに筋肉が硬くなり、関節周囲の血流が不足するため、関節痛が起こります。

■関節痛の対策

関節痛を予防するための対策を解説します。

[運動編]

関節が痛いと動かしたくないものですが、そうするとますます動かなくなってしまいます。
やり過ぎはもちろんいけませんが、軽い運動を取り入れましょう。
腕や首、肩を回すだけでも血行が促進されます。

[食事編]

身体を温める食品を摂りましょう。

次の食品は、身体を温める効果があるので、参考にしてみてください。

・野菜

にんにく・たまねぎ・ネギ・ニラ・ラッキョウなどは、血行を促進し、身体を温めます。
また、人参・大根・ごぼう・山芋などの根菜類は、身体を温める効果があります。

・魚類

サバ・イワシなどの青魚は、DPAやEAPなどの成分が含まれていて、血液をサラサラにして、血行促進します。痛みの緩和に効果があります。

・肉類

肉の赤身部分は、タンパク質で身体を温めます。とくに鶏肉・羊肉はおすすめです。

・香辛料

唐辛子などの香辛料は、身体を温めます。キムチやカレーなども効果があります。

・飲み物

できるだけ温かい飲み物を摂るようにします。中でも、おすすめは紅茶や番茶。お酒は、ビールよりも日本酒やワインがおすすめです。
でも、飲みすぎは、身体を冷やす原因になるので、注意しましょう。


[服装編]

春になったからといって、一気に薄着になるのは、関節を含め、身体によくありません。

痛みのある関節部位、膝や首、肩などは暖かくしておきましょう。
腰周りを腹巻などで温めておくのも効果的です。


[お風呂編]

お風呂に入ると、リラックスしたときに働く副交感神経が優位に働きます。


40℃の湯船に15分~30分浸かるのが効果的です。
42℃~43℃位の熱いお湯につかるのは、逆に活動するときに働く交感神経を優位にしてしまいます。
シャワーも交感神経を優位にしますので、夜はできるだけぬるめの湯船にゆっくりつかりましょう。

■病気のサインの可能性も

ご紹介した対策をしても改善しないような場合は、関節痛の裏に病気が隠れている可能性もあります。
季節に関係なく起こる関節痛の病気として、多いのは「変形性膝関節症」です。
変形性膝関節症は、老化や使い過ぎによって起こる膝の痛みです。
また、「四十肩」や「五十肩」と呼ばれる「肩関節周囲炎」も加齢などで起こる関節痛です。
そのほか、膠原病(こうげんびょう)で、全身の関節にこわばりや痛み・腫れがでることもあります(関節リウマチ)。
さらに、足の親指の付け根が赤く腫れることが多い痛風で、関節痛が強く現れることもあります。
痛みが治まらない、痛みが強くなる、というときは、まずは整形外科を受診して相談しましょう。

<執筆者プロフィール>
南部 洋子(なんぶ・ようこ)
助産師・看護師・タッチケア公認講師・株式会社 とらうべ 社長。国立大学病院産婦人科での経験後、とらうべ社を設立。タッチケアシニアトレーナー
<監修者プロフィール>
株式会社 とらうべ
医師・助産師・保健師・看護師・管理栄養士・心理学者・精神保健福祉士など専門家により、医療・健康に関連する情報について、信頼性の確認・検証サービスを提供


あわせて読みたい

【関連記事】

春に体調を崩しやすい3つの理由

冷え性や関節症など貧乏ゆすりの驚くべき効果

5人に1人が悩んでいる関節痛の原因と対処・治療法

寒くなると古傷が痛む… これどういうこと?

おすすめ記事

記事を探す

フリーワード検索

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする

整骨院・接骨院について

「柔道整復師」ってどこからついた名前なの?

整骨院や接骨院を開業できる資格に、なぜ"柔道"という言葉がつく...

ケガをしたら整骨院、整形外科、どこに行ったらいいの?

整骨院(接骨院)と整形外科の大きな違いは、医師の資格を持って...

整骨院・接骨院・整体院・整形外科は何が違うの?

■「整骨院」と「接骨院」の違い「整骨院」「接骨院」は名称が違...

整骨院の保険適用と料金について

整骨院では、"柔道整復師"というと国家資格を持っている施術者が...

交通事故の後遺症で多いむち打ち症の特徴と整骨院での治療法

「事故にあった直後は平気だったのに、日にちが経ってから徐々に...

頑固な痛みの原因を探し改善するトリガーポイント治療

長引く膝や腰などの痛み。「病院に行っても治らない」と悩んでい...

あなたの健康をサポートオールインワンの
無料アプリ

今すぐアプリをダウンロード!
Download on the App Store GET IT ON Google Plya

整骨院・鍼灸院の検索

腰・肩・首の痛み、スポーツ障害など、

気になる症状でお悩みの方は、

お近くの整骨院・鍼灸院をお探し下さい。

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする