整骨院・接骨院・鍼灸院を「探せる」「見つかる」お近くの整骨院・接骨院・鍼灸院検索ならリグー

「こころ・カラダ・けんこう」をテーマに著名人や専門ライターの厳選記事を毎日配信!

TOP > ライフスタイル > 飲料水を備蓄している? 一人当たりに必要な量は…

飲料水を備蓄している? 一人当たりに必要な量は…

2016-09-04


執筆:Mocosuku編集部
9月1日は『防災の日』でした。学校で職場で、さまざまなところで防災に対する意識が高まる日でもあります。不測の事態に家族を守るため、また自分がケガをしないために、できることを見直してみる良い機会です。
この度、「防災」に関するアンケートが行われました。株式会社オノフが運営する「みんなのプロジェクト」での「防災」に関する意識調査です。
主に被災経験や、災害への備え、防災訓練の参加経験などについて聞いています。また、災害経験の有無により「災害への備え」に対する意識の違いが出た結果となりました。
詳しく見ていきましょう。

■被災経験で多いのは?
全体では、「地震」による被災が41.1%と最も高い結果が出ています。次いで「台風」の30.0%、「暴風雨・豪雨」の23.3%。
また「被災したことはない」が46.7%と、回答者の約半数が、「被災経験がない」という結果になっています。
(複数回答)N=734
災害への備えは、懐中電灯ダントツ。 災害経験者9割が準備

■家庭における防災準備について
これは、被災経験者と未経験者で比較したものになります。興味深いのは、「経験あり」は「携帯ラジオ、懐中電灯などの準備」は93.1%と回答者のほとんどが準備している結果となったにもかかわらず、「経験なし」は36.4%と低い結果に。やはり「経験あり」のほうが、「経験なし」の人より、防災準備の意識が高い傾向にありそうです。
(複数回答) N=734

■自宅での飲料水の備蓄量は何日分?
被災の経験者と未経験者、子供の有無別にて比較したものです。全体では、「2~3日」が55.7%と最も高く、経験ありでも、「2~3日」が54.3%と最も高いのですが、「8日以上」が11.7%と、経験なしの7.4%と比較すると高い結果となっていますね。
子供の有無では、子供なしでは「8日以上」が13.3%となり、子供ありの7.7%と比較すると高い結果となっています。
(単一回答) N=460

■家庭での食料品の備蓄量は?
被災の経験者と未経験者、子供の有無別にて比較したものです。全体では、「2~3日」が51.9%と最も高くなりました。
経験ありでは、「8日以上」が12.7%であったのに対して、経験なしでは6.6%と差が出ており、備蓄日数4日以上でみると、経験ありでは39.4%であるのに対し、経験なしでは27.7%となり、経験ありの方が、食料品の備蓄量が多い結果となっています。
子供の有無では、子供なしでは「8日以上」が12.7%となり、子供ありの8.7%を上回る結果となりました。
(単一回答) N=403

■「非常用持出し袋」に準備する品
全体では、「懐中電灯」が84.5%と最も高く、災害時の停電への備えの意識が高いことがうかがえます。
「食料品」は66.3%、「飲料」は59.1%と生命維持に必要な物資も上位に入る結果となりました。
(複数回答) N=252

■参加経験のある防災訓練
今回の調査では、防災訓練に参加した人は全体の11.4%にとどまる結果となりました。ただ、防災訓練参加経験者からの回答では、「AED使用訓練」が57.1%と最も高く、次いで「避難及び屋内退避に関する訓練」、「初期消火訓練(消火器、バケツ等消火用資機材を使用するもの)」が同率の56.0%という結果になっています。
N=84
・会員属性
災害への備えは、懐中電灯ダントツ。 災害経験者9割が準備
これらのデータを見ながら、自分の災害に対する気持ちを再点検できるかもしれません。
被災の経験者と比較すると、未経験者は防災準備・飲料水確保量・食料品の備蓄などの観点から数値が低くなっています。東日本大震災では、食料品店から飲み水と食料がなくなる、手に入りにくくなったことは都市部の方でもご存じでしょう。
特に飲み水は1人あたり最低3日分、9リットル必要とされます。実際に震災が起きた場合のことを考え、「もしも」を考えると、もう少し備蓄量を増やしてもいいかもしれません。
ただ、確かに家族を守るライフラインは自分で賄うという強い意識が必要ですが、備えはやはり工夫をしながら、楽しみながら自分なりの方法を見つけたいもの。
いざというときのために、家族の安全と健康を守るためには、今日から意識を高める必要がありそうですね。
<参考>
http://www.nhk.or.jp/shutoken/bousai/detail/009.html
※株式会社オノフ・プレスリリースより
※調査対象:「みんなのプロジェクト」登録メンバー(30~50代女性中心)
http://minproject.jp/
調査方法:WEBアンケート
主な調査項目:
1 被災経験
2 災害への備え
3 準備している非常用持ち出し袋の内容
4 参加経験のある防災訓練
・回答者属性
N=734


あわせて読みたい



おすすめ記事

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする

整骨院・接骨院について

「柔道整復師」ってどこからついた名前なの?

整骨院や接骨院を開業できる資格に、なぜ"柔道"という言葉がつく...

よい整骨院・接骨院の選び方

整骨院に通った経験がない方、通ってはいるけれど本当に効果があ...

ケガをしたら整骨院、整形外科、どこに行ったらいいの?

整骨院(接骨院)と整形外科の大きな違いは、医師の資格を持って...

整骨院・接骨院・整体院・整形外科は何が違うの?

■「整骨院」と「接骨院」の違い「整骨院」「接骨院」は名称が違...

整骨院の保険適用と料金について

整骨院では、"柔道整復師"というと国家資格を持っている施術者が...

交通事故の後遺症で多いむち打ち症の特徴と整骨院での治療法

「事故にあった直後は平気だったのに、日にちが経ってから徐々に...

あなたの健康をサポートオールインワンの
無料アプリ

今すぐアプリをダウンロード!
Download on the App Store GET IT ON Google Plya

整骨院・鍼灸院の検索

腰・肩・首の痛み、スポーツ障害など、

気になる症状でお悩みの方は、

お近くの整骨院・鍼灸院をお探し下さい。

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする