整骨院・接骨院・鍼灸院を「探せる」「見つかる」お近くの整骨院・接骨院・鍼灸院検索ならリグー

「こころ・カラダ・けんこう」をテーマに著名人や専門ライターの厳選記事を毎日配信!

TOP > ココロの悩み > ご存知ですか? 認知症サポーター

ご存知ですか? 認知症サポーター

2016-04-09


執筆:Mocosuku編集部
2004年12月に「痴呆」の呼び名が「認知症」に変更されて以来、厚生省の指導でさまざまな認知症対策が行われるようになりました。
「認知症サポーター キャラバン」もそのひとつで、認知症にたいする正しい知識を持ち、応援する人を増やすことを目的としています。

■認知症サポーター 養成講座で正しい知識を学ぶ
認知症サポーターになるには、地域や職場などで開かれる認知症サポーター養成講座を受講してください。
都道府県でなく市区町村単位で行われているので、開催情報は広報紙や各関連Webサイトで公開されています。
講座では認知症に対する知識や、痴呆症の人や家族に対する接し方などを学び、地域の中でどんなことができるかを考えます。90~120分程度で、修了するとサポーターの証であるオレンジリングが渡されます。
サポーターの役割は、身の回りでできることを見つけ、実践していくことです。オレンジリングを腕につけるだけでも、「ここにお手伝いできる人がいます」とアピールすることになります。「それは、何?」と聞かれたら、痴呆症やサポーターについて話をすることも、立派な活動なのです。

■認知症サポーター 地域の取り組みはさまざま
大阪府和泉市は、認知症問題への取り組みが積極的で、10人程度が集まって会場を用意すれば、出張で養成講座を開いてくれます。
認知症の人の行方がわからなくなったとき、特徴などをメールで配信して情報を求める「和泉市認知症高齢者等SOSおかえりネットワーク」というシステムもあります。
同じ大阪でも、茨木市は主催、出張の両方がありますが、高槻市は主催はせずに、講師を派遣するという方式です。

■早期発見、早期治療が大切
大阪府や佐賀県、島根県などコールセンターを設けている自治体もあり、外出が難しい場合に安心です。またかかりつけのお医者さんも、空いている時間なら電話で話をきいてくれるでしょう。
「おかしいな」と思ったら、まず相談。なによりも相談です。でも、少したって「あれ? 誰に何を相談しようと思ったんだっけ…?」となっては一大事。普段からの自分のケアも忘れずに、大切にしていきましょう。
<参考>
認知症サポーターキャラバン
http://www.caravanmate.com/


あわせて読みたい



おすすめ記事

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする

整骨院・接骨院について

「柔道整復師」ってどこからついた名前なの?

整骨院や接骨院を開業できる資格に、なぜ"柔道"という言葉がつく...

ケガをしたら整骨院、整形外科、どこに行ったらいいの?

整骨院(接骨院)と整形外科の大きな違いは、医師の資格を持って...

整骨院・接骨院・整体院・整形外科は何が違うの?

■「整骨院」と「接骨院」の違い「整骨院」「接骨院」は名称が違...

整骨院の保険適用と料金について

整骨院では、"柔道整復師"というと国家資格を持っている施術者が...

交通事故の後遺症で多いむち打ち症の特徴と整骨院での治療法

「事故にあった直後は平気だったのに、日にちが経ってから徐々に...

頑固な痛みの原因を探し改善するトリガーポイント治療

長引く膝や腰などの痛み。「病院に行っても治らない」と悩んでい...

あなたの健康をサポートオールインワンの
無料アプリ

今すぐアプリをダウンロード!
Download on the App Store GET IT ON Google Plya

整骨院・鍼灸院の検索

腰・肩・首の痛み、スポーツ障害など、

気になる症状でお悩みの方は、

お近くの整骨院・鍼灸院をお探し下さい。

掲載ご希望の整骨院・鍼灸院様無料で院情報を
掲載しませんか?

無料店舗登録をする